スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長崎純心大学まで

2009.10.15.Thu.22:36
昨日は、自宅(川平町)から川平小学校までの往復及び松山町までの往復コースを選択しました。

川平小の方は、行きも帰りもある程度のスピードで、松山町の方はいつものぺースよりやや早いスピードといった感じでの走行でした。

松山の陸上競技場は、ランナー、ウォーキングの方でいっぱいでした。(今まで行った中で一番多かったです。やっぱりベイサイドマラソンが近づいているせいでしょうか?)


今日は、夜8時20分から先日コース紹介して頂いた長崎純心大学の校門入口までの往復コースでのLSD走行に挑戦しました。

結局家に帰宅したのは9時35分で、1時間以上かかりました。

特に、最後の大学までの長い長い急な上り坂はLSD走行とはいえ、きつかったです。

上り坂の練習には最高かもしれません。

ただ、このコース、電灯がほとんどなく、夜は歩道が真っ暗、おまけに段差だらけで、車のヘッドライト(といっても車もあまり通りません。)が頼りといった感じですので、明るい時に走るのが無難でしょう。

二日間の走行距離 20キロ程度
スポンサーサイト
コメント
純心大学
純心の坂,走られたのですね。きつかったでしょう。
実は,私は走り通せませんでした(恥)。
純心大から帆場岳まで登ってそのまま蛍茶屋まで尾根道を走り抜けるコースです。

松山の603mのトリムコースは,よく練習に使いましたよ。ベイサイドの前になると,夜11時頃でもかなりの方が走られていました。
Re: 純心大学
こんばんは。

コメントありがとうございます。

純心の坂ゆっくりと登ってもやっぱり精神的にめげてしまいました。もし昼間だったら恐らく歩いたか引き返していたと思います。

私も帆場岳には年に5回以上は登りますが、基本的に西山の頂上あたりからの登山で、逆に純心大の方に下っていくコースしかありません。(妻や子供は帆場岳に登ったら、登山口に置いている車で帰ります。)

蛍茶屋のほうに行けるコースがあるとは知りませんでした。走っていくのは私には無理と思いますが、そのうちに歩いていってみます。

いろいろと教えて頂きありがとうございます。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。