スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きっかけ

2009.07.25.Sat.19:10
7月25日

子供の野球(ボーイズリーグ)の練習にいった際、することがないため、とりあえず野球場のある神の島の1キロ堤防から工業団地を一周走ってみることにした。
天気は晴れ、気温はおそらく32度は超えていると思われる。
もともと走ることが好きだった私は十分な準備体操もアップもせず、いきなりある程度早い速度で走り出してしまった。
息子のグランドはちょうど一キロ堤防の端にあるが、結局その堤防の最後あたりで撃沈。
ただ、一周はしないと自分の気が収まらないので、その後も醜態をさらけ出してなんとか神の島教会あたりまでたどり着くことができた。
しかしもう体力はほぼ残っておらず、しかたなく歩くことにした。ただやはり走るとちかった以上、そう歩いてはいられず再度走り出す。しかし自分の中のやめたいという気持ちに何度か負けてしまい、結局2分ぐらい走っては歩きを繰り返した。
ただ、ちょうど走っているときに近所(?)の子供たちが、この疲れ果てた私に、「おじさんがんばって・・・」と声援をかけてくれた。私はその声に後ろを押され、その後は全て走ってもとの息子の練習しているグランドまで戻ることができた。
結局、20分ぐらいで一周することができたが、その一周が何キロあるかは未だに知らない。
やはり無謀だったのか? 炎天下の中一周走れてよかった。それに応援してくれた子供たちに本当に感謝である。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。